女子中学生に男性客紹介したか 男3人逮捕

出会い系アプリなどを使い、当時14歳の女子中学生に男性客を紹介しみだらな行為をさせたとして、20代の男ら3人が県警に逮捕されました。

児童福祉法違反の疑いで逮捕されたのは、千葉県木更津市の有馬晃希容疑者と横浜市鶴見区の森下真也容疑者ら3人です。 県警によりますと、有馬容疑者らは、去年4月、当時中学3年の女子生徒を男性客に引き合わせ、みだらな行為をさせた疑いが持たれています。 森下容疑者が女子中学生に話をもちかけ、その後、有馬容疑者が出会い系アプリなどで少女を装って男性客を募集したということです。 県警は3人が去年3月からの1カ月間、女子中学生を5人から8人の男性客に引き合わせて、およそ20万円を売り上げたとみています。 調べに対し、有馬容疑者ら2人は、容疑を認める一方、森下容疑者は容疑を否認しています。